TOP > 事業内容-3Dレーザースキャナ

事業内容: 3Dレーザースキャナ

3D写真
3D写真

3Dレーザースキャナ

3d laser scanner

3Dレーザースキャナを使用し、構造物や地形、遺跡などの形状を3次元点群データとして取得し、図面にしています。通常の測量よりも離れた場所から、広範囲において安全かつ効率よく現場で作業を行う事ができます。位置情報を瞬時に計測でき、測量精度も非常に高いので、複雑な地形や構造物も正確に計測します。
イメージ

3Dレーザースキャナの活用法

  • 活用1

    1 文化財・寺社仏閣

    建設から長い年月が経つ城や神社仏閣の、修復や管理・保全を行うための図面作成ができます。

  • 流れイメージ2

    2 立ち入り禁止区域

    危険な立ち入り区域の中にあるものでも、近づかずに図面や構図を容易に手に入れれます。

  • 流れイメージ3

    3 大規模公共施設

    経年劣化に伴う修繕や設備増築のため初期工事と異なった図面と現状を素早く視覚化することができます。

  • 流れイメージ3

    4 トンネル調査

    トンネルのような曲面の形状も正確にデータ化することができます。

  • □ 建築物調査

    図面が失われた建築物を計測し、現状の図面を作成することができます。階段の手すりなどの装飾品もあわせて計測可能です。

  • □ 配管・溶接距離チェック

    複雑に入り組んだ配管や溶接間距離の確保のチェックを容易に行うことができます。

  • □ 災害時・緊急時の測量

    従来の測量方法より安全に作業ができ、広範囲で複雑な地形でも現場作業を短縮することができますので、人が立ち入る事が難しくても測量ができます。

  • □ 地下街調査

    地下全体を計測することで、全体を立体的に把握することができ、避難計画の作成に役立てることが可能です。また、ハザードマップの作成にも用いられます。

  • □ 橋梁・高架調査

    橋梁の歪み・沈下などの劣化状況を、交通規制の実施や足場を設置することなく離れた場所から計測できます。   

  • □ 法面調査

    2次元の図面だけでは判別しにくい複雑な傾斜や形状の視覚化をすることができます。

  • □ 地形調査

    自然が生み出す岸壁や洞窟などの形状は、日々変化を続けています。現在の形状を克明に記録し、図面化することが可能です。

  • □ 映像活用

    構造物のデータは、プロジェクションマッピングなど、映像やイベントの分野でも活用できます。

  • □ 交通量が多い車道や交差点

    交通規制が不要で歩行者にも支障のない箇所での計測、作業者も安全に作業が可能です。軌道内に立ち入らず、鉄道の安全運行を妨げない計測もできます。


    etc…